【木ism】『住む人が安心できる家創り』、大工による墨付・手刻・木組・造作の伝統的建築を主に、新築から増改築対応致します。対応地域 | 宮城・山形・福島【木のココロ】

株式会社創建築

022-796-7041

創ism

『師匠』

阿部久夫師匠のお取り計らいで法隆寺の「昭和の大修理」を指揮した伝説の宮大工・西岡常一の唯一の内弟子小川三夫棟梁にお逢いすることが出来ました。下手は下手なりでもいい、嘘偽りのないものを一生懸命したものを残しておかなければいけないという『執念のものづくり』への考えに共感致しました。。

思えば創建築のものづくりは23年前の㈱東北三興設計で井戸川隆一師匠のもとで構造設計を学んだことが原点です。絵空事の意匠設計をいかに具現化し建築として成立させるかまさに『執念のものづくり』そのものでした。

そして18年前に三條洋平師匠に出逢い木組みの魅力を教えて頂き、遠回りしていますが創建築の今があるのは偉大な師匠がいてくれたおかげです。これからも教えを守り建築を続けさせて頂きます。 合掌

 

『木のココロ』

尊敬する阿部 久夫 棟梁(有限会社阿部工営社)から教わったこと
          『木の心』
創建築のすべてはこの一言からはじまったと言っても過言ではない
この時代に大工・基礎土工をはじめとする多くの職人を自社に抱え
今でこそ当たり前の国産材・自然素材にこだわった建築を30年以上も続けている
先日、数年ぶりにお逢いしたその顔に刻まれたしわの一つ一つが
まるで年輪のごとく物語っていた
まだこの言葉の意味を本当に理解するには時間がかかりそうだけれど
創建築なりに『木のココロ』を見つめていくことだと思います。

 

『自然素材で伝統技術と文化を未来へ、住む人が安心できる家創り』

ism   : ism /zm/主義, 思想, 学説, 理論, 様式。
創ism : 創建築の主義・・・あくまでも独創的見解ですが・・・

「住宅産業」などと言われますが、なんか寂しいですね。
熟練した職人の経験と知識が必要とされた住まいは「伝統」や「文化」と共にあったはず・・・

 産業革命以降の機械化は文明を飛躍的に発展させ、日本はさらに高度経済成長期に画一的な建築が推し進められた。その無機質な産業的住宅をなんのためらいも無く受け入れた結果、「職人」は「作業員」へ「文化」は「商品」へと変貌した。
この国の風土や歴史の中で培われた「伝統・文化」を見つめなおし、探求・継承していきたいと思います。何が何でもそうで無ければいけないという事ではありませんが、せめて人と地球を思いやる心を持っての住まい創りが創建築の願いです。

創ism